土佐深層水ちりめん松村海産
FAX注文用紙 サイトマップ
カゴを見る
お買い物ページ 安心通販 会社概要 メールマガジン お問い合わせ トップページ
トップページ >> お買い物 >> 海洋深層水とは 前のページへ戻る


海洋深層水とは

室戸海洋深層水についての説明です。
松村海産では独自の方法にてちりめんじゃこを製造する過程で室戸海洋深層水を
使用し、従来よりまろやかで、持ちの良いちりめんじゃこ「土佐深層水ちりめん」の
開発に成功致しました。開発にはおよそ一年掛かりました。

海洋深層水5つの特徴

1.清浄性

2.富栄養性

3.熟成性

4.ミネラル特性

5.低温安定性

海洋深層水とは 

無限の可能性を秘めた海洋資源です。
   
太陽の光が届かない深海に生まれ育まれた海洋深層水は、極めて清浄性に優れ、ミネラルバランスが良い海水です。
水温は約9.5℃で一定に保たれ、表層水と比較すると窒素、リン、ケイ酸など無機栄養塩を多く含み、大腸菌や一般細菌に汚染されていないなど優れた特徴がありますが、まだ、その全ては解明されていません。

 高知県は、全国にさきがけ1989年4月より海洋深層水の研究に着手。エネルギー、食品、生物飼育、海域の肥沃化まで幅広い分野で実験、研究を行っています。また、近年においては数々の商品開発を推進し、全国から高い評価を受けています。
 
   高知市から東へ車で約2時間ほど走ると、緑の樹海がそのまま海に沈み込んでいるような風景が見えてきます。室戸岬は、高知県の東南端に位置する岬で亜熱帯の熱い空気に包まれた岬です。その海岸線にはアコウなどの植物が繁り、荒々しい波が岩に砕けます。弘法大師空海が日和佐薬王寺から山を越え、当時「鬼国」といわれた土佐に入ったのは、今から約1200年前のことです。当時、19歳の青年・空海は、空と海ばかりの室戸の荒ぶる風景の中で悟りを開いたと伝えられています。

 藩政時代のはじめから明治時代の後期にかけて、この地は土佐古式捕鯨で栄えました。室戸の海は陸棚が狭く、その先は深海となっていることから、こうした地形を好むマッコウクジラが、今も数多く生息しています。かつては、極彩色の勢子船に追われたクジラたちも、今はのんびりと黒潮の海に遊んでいます。                        
                         (高知県深層水対策室HPより引用)


 

職人のこだわり
お買い物
松村海産会社概要
安心通販のご案内
松村海産ロゴ 松村海産地図
クリックにて拡大します
本ウェブサイトの「カゴレジシステム」はThawte Degital Certificateを使用して
保護されております。これによりお客様がWorld Wide Webを通じて弊社に送られる
「お買い物」情報は暗号化され、改竄・漏洩することが無いことを保証いたします。

▲このページのTOPへ
安心通販 - 会社概要 - メールマガジン - お客様の声 - お問い合わせ
Copyright (C) 2004 Matsumura-kaisan. All rights reserved.